高知ユナイテッドSC  高知から本気でJリーグ!

« Next NoImage 2019年3月…

Previous » NoImage 2019年3月…

今年の一覧

2019年3月21日(木)高円宮杯U15サッカーリーグ2019高知県1部リーグ第2節 vs 明徳義塾中学校

Update:2019年3月21日

みなさん、こんにちは!

 

本日、高円宮杯U-15サッカーリーグ2019高知県1部リーグ第2節が行われました。

 

【対戦相手】vs 明徳義塾中学校

 

【試合会場】明徳義塾グラウンド

 

【kick off】9:30~

 

 

 

【試合結果】1-1  (0-0/ 1-1)で引き分けとなりました。

 

今回から、U14担当の一柳コーチから2年生を引き継ぎ、監督として新Aチームの公式戦に挑みました。

 

1試合を通して、これから1年間を通して積み重ねていく自分たちのサッカーの狙いやスタイルをまずは基本的な部分において表現しようと選手一人ひとり、チーム全体でチャレンジしました。

 

立ち上がりから、11人全員で「人・ボール」が連動しボールを保持し自分たちの主導権を握る形を作り続けるように意識をしました。

ピッチの上で、個人・グループとしての修正を何度も行いながら、相手とのマッチアップでの駆け引きやチーム戦術の部分を狙いを持ちプレーしていきました。

 

ボールを保持し主導権を握りながら、幾度となくゴールへ向かっていくもあと一歩ゴールには届かず、前半でも何度か決定機を作り出しますが得点を奪えず試合を折り返しました。

ゴールこそ奪えませんでしたが、前半の試合運びやチームの狙いの部分に関しては、まだまだ一緒にトレーニングも積んでおらず初の公式戦ということを考えると、本当に想像以上の出来に驚きました。

 

ハーフタイムで前半の修正を行うと、後半は修正したポイントをチーム全体で意識して、改善するプレーが多く見れました。

自分たちのチャレンジの中でのミスはありますが、ちょっとした判断の部分での不用意なミスからゴールを奪われてしまいますが、チーム全体で粘り強く闘いゴールを奪い返し試合を終えました。

 

自分たちのサッカーを表現するためには1つ1つの部分において質が低く、まだまだチームとして形を作り出せてはいませんが、失点してからの5分までに相手のリズム以外は、狙いの形を常に作り続けボールを握り試合を運ぶことはできたと感じています。

 

1期生の時も何度も何度も感じさせられましたが、自分たちのサッカーを展開しながら「ゴールを奪う」ということに難しさを痛感させられました。

当然、修正・改善すべき点は多くあり、これから1つひとつ作り上げていくことばかりですが、私たちには伸び代しかなく無限の可能性にワクワクするような今後につながる1試合になりました。

 

本日は試合、運営をしていただきました明徳義塾中学校の選手・スタッフの皆様、誠にありがとうございました。

 

そして、いつもご協力ご声援をしていただきました保護者・関係者の皆様、本日も私たちの力となっていただきありがとうございました。

 

今後とも、選手・スタッフともに全力でチャレンジしていきますので、高知ユナイテッドSCジュニアユースをよろしくお願いいたします。

 

高知ユナイテッドSCジュニアユース監督

立田 将大