高知ユナイテッドSC  高知から本気でJリーグ!

« Next NoImage 2021年11…

Previous » NoImage 2021年11…

今年の一覧

2021年11月6日(土)高円宮杯JFA第33回全日本U-15サッカー選手権大会 四国予選 準々決勝

Update:2021年11月6日

みなさん、こんばんは!

 

本日、高円宮杯JFA第33回全日本U-15サッカー選手権大会 四国予選  準々決勝が行われました。

 

【対戦相手】vs FC DIAMO

 

【試合会場】スポーツパークさかわ

 

【kick off】   13:30

 

 

 

 

【試合結果】1-2(1-1/ 0-1)で敗戦となりました。

 

 

 

 

高円宮杯四国予選1回戦から中二日で、準々決勝へ向けてチームが一つとなり最高の準備をして試合へ挑みました。

 

1試合を通して、「謙虚に、貪欲に、アグレッシブに」一人ひとりが意識をしながら、ホームでの開催ということもあり高知県代表としての誇りを持ち、「全員が同じ想い・同じベクトルを向き、全員が繋がりながらピッチで表現する」ことを共有して闘いました。

 

試合開始から、相手のシステムや戦術を分析しながらピッチ上で細かな修正を行い、試合を進めて行きました。立ち上がりから左サイドで起点を作り、チームの狙いポイントでもあるサイドの攻略から最高の形で先制点を奪うことができました。ゾーン①からの攻撃の組み立てや幅を使ったサイド攻撃から相手を揺さぶる形を作り出していきましたが、相手の狙いである「ロングボール」でのダイレクトプレーから全体の距離を伸ばされ、2ndボールを拾えずに自陣での守備の時間が増え、前半の終盤では攻撃の組み立てでの自分たちのエラーから相手に強烈なミドルシュートを決められ振り出しに戻りました。

 

システムの変更、ハーフタイムでの選手の交代を行い、後半開始から仕掛けにいきました。後半開始から、前半の流れを変える攻撃の狙いや回数を増やし、アグレッシブに相手ゴールに迫り、何度か決定機を作り出しますが、最後のクオリティが足りずゴールを奪うことができませんでした。

後半中盤には、前半の失点と同様に、B-upでの自分のエラーから、1失点目よりもさらに強烈なロングシュートを決められて逆転されてしまいました。

 

試合終了のホイッスルが鳴る瞬間まで、何度も何度も相手ゴールへ迫り、全員が諦めずにアグレッシブなプレーで得点を目指しましたが、最後まで決定機を作るもネットを揺らせずに、80分間すべてを出し切り闘い抜きましたが、試合終了のホイッスルが鳴り響きました。

 

最後に勝敗を分けたのは、この大会で自分たちが大切にしてきた言葉である、

「勝負の神様は細部に宿る」という部分だったと痛感しました。

 

選手一人ひとりが自信を持ち、自分たちのサッカーを表現し、勝利を掴み取ることが可能な試合だっただけに、本当に悔しい気持ちでいっぱいです。試合終了と同時に、悔し涙が溢れ出しピッチ上に倒れ込む選手たちの姿が、この一戦へかける思いを物語っていました。

 

選手たちは、これまで辛く・苦しく・悔しい状況でも日々やり続けてくれ、今日の試合でも本当によく闘ってくれました。最後、結果を出せず監督として申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

この大会で、クラブの「歴史を変え」、そして、自分たちで「新たな歴史を作る」というチャレンジは果たせなかったですが、この悔しさ、想いを糧に、Aチームとしての最後の公式戦に向け、また次への挑戦に向け、新たな一歩をチーム全員でスタートを切っていきたいと思います。

 

このチームで、この仲間と、共に闘えたことを監督として誇りに思います。

「素晴らしい4期生のAチーム、感動をありがとう。これからも共に歩んでいこう。」

 

 

 

本日は試合運営・審判をしていただきました高知県3種スタッフの皆様、並びに、各チームの選手・スタッフの皆様、また試合をしていただきましたFC DIAMOの選手・スタッフの皆様、誠にありがとうございました。

 

そして、いつもご協力ご声援をいただきました保護者・関係者の皆様、本日も私たちの力となり共に闘っていただき誠にありがとうございました。

 

今後とも、選手・スタッフともに全力でチャレンジしていきますので、高知ユナイテッドSCジュニアユースをよろしくお願いいたします。

 

 

「オワリはじまり」

 

 

 

高知ユナイテッドSCジュニアユース監督

立田 将大