高知ユナイテッドSC  高知から本気でJリーグ!

« Next NoImage 2019年9月…

Previous » NoImage 2019年9月…

今年の一覧

2019年9月28日(土)高円宮杯U15サッカーリーグ2019高知県1部リーグ第16節 vs 高知大学附属中学校

Update:2019年9月28日

みなさん、こんばんは!

 

本日、高円宮杯U-15サッカーリーグ2019高知県1部リーグ第16節が行われました。

 

【対戦相手】vs 高知大学附属中学校

 

【試合会場】西南大規模公園

 

【kick off】   14:30〜

 

 

 

【試合結果】9-0 (3-0/ 6-0)で勝利いたしました。

 

 

1試合を通して、雨の中の試合となり、後半の中盤からはピッチ全体が水で浮くような豪雨の中でしたが、チーム全体で先週2試合での改善として自分たちのサッカーの形でもある攻守にアグレッシブなサッカーをすべくチャレンジし続けました。

 

立ち上がりからボールを握り相手コートでプレーをし続け、中央・サイドと様々なポイントからゴールへ向かい決定機を作り出しますが、ゴールをより多く奪うことはできませんでした。

前半では、攻守においてのアグレッシブなプレーでの基準が低く、物足りなさを感じました。また、一人ひとりが難しく複雑な形でのプレーを選択し、精細さを欠くことが多く、プライオリティーや判断の部分が反省すべき点となりました。

 

ハーフタイムでは、選手の入れ替えやポジションの変更を行い後半はよりチーム全体での闘いを目指し、よりスピーディーなサッカーを試みるようにアプローチしました。

 

後半開始から、アグレッシブによりゴールへ向かう中で連動・連続した人のアクションやボールをより大きく動かしシュートを狙い続けました。中央での打開やサイドの攻略から良い形でのゴールが多数生まれ、プレーでの大きな変化を感じました。

後半の中盤からは、ピッチ全体に水が浮く中で、難しさがありましたが選手たちにとっては、このような状況での試合環境はとても貴重な経験になったと感じました。

 

本日の試合は、チームとしてのボールの握り方やゴールを奪う形の狙いを持ちプレーしましたが、基本的な自分たちのサッカーのスタイルをもっと表現しなければならないと感じました。また、相手との駆け引きをより良い判断・スピードで行えず、ONのタイミング・パス1本の質といった細かなテクニックでの雑さが目立ちました。

 

次節も同じ対戦カードということもあり、今ひとつ本日の試合での課題の改善を行い、アグレッシブなサッカー・細かなテクニックの質に向き合い、自分たちが主導権を握り試合を運ぶ中での狙いの形や攻守のポイントをピッチ上で表現できるように明日からも取り組んでいきたいと思います。

 

本日は試合をしていただきました高知大学附属中学校の選手・スタッフの皆様、誠にありがとうございました。また、本日は審判をしていただきました皆様、誠にありがとうございました。

 

そして、いつもご協力ご声援をしていただきました保護者・関係者の皆様、本日も私たちの力となっていただきありがとうございました。

 

今後とも、選手・スタッフともに全力でチャレンジしていきますので、高知ユナイテッドSCジュニアユースをよろしくお願いいたします。

 

高知ユナイテッドSCジュニアユース監督

立田 将大