高知ユナイテッドSC  高知から本気でJリーグ!

« Next NoImage 2019年10…

Previous » NoImage 2019年9月…

今年の一覧

2019年10月5日(土)高円宮杯U15サッカーリーグ2019高知県1部リーグ第17節 vs 高知大学附属中学校

Update:2019年10月6日

みなさん、こんばんは!

 

本日、高円宮杯U-15サッカーリーグ2019高知県1部リーグ第17節が行われました。

 

【対戦相手】vs 高知大学附属中学校

 

【試合会場】西南大規模公園

 

【kick off】   18:30〜

 

 

 

【試合結果】19-0 (9-0/ 10-0)で勝利いたしました。

 

 

1試合を通して、先週と同様の対戦チームということもあり前節からの改善点として、自分たちのサッカーの大きなポイントでもある攻守にアグレッシブなプレー・プレーの質をチーム全体で意識をしてチャレンジし続けました。

 

 

立ち上がりからゴールへの意識を強く持ち、ボールを保持し相手コートへ押し込む中で、人&ボールの連動した関わりからフィニッシュの形を幾度も作り出すも、フィニッシュの精度を欠き試合の入りとしては狙いの形にはなりませんでした。

その中でも、相手をゆさぶり人のポジションチェンジ・アクションを強く行い、サイドの攻略から中央での仕掛けやクロスからの形で立て続けにゴールを奪いました。テーマでもあるアグレッシブなプレーを意識してプレーをしていましたが、不用意な形でのロストや切り替えのスピード、守備での緩さが何度か目立つシーンがあり物足りなさを強く感じました。

 

ゴールの部分では、前節の得点を前半で奪うことができたのは、今週の1週間の取り組みで改善・修正が行えたと感じます。

しかし、前半での甘さや弱さも多くあり、選手のみでのミーティングも行うなどし、再度ポイントを確認し後半へ挑みました。

 

後半開始から明らかにプレーのインテンシティの違いを見せ、攻守にアグレッシブなプレーをピッチ上で表現し、後半1分で2得点を奪うなど変化を大きく見せてくれました。

前半よりも、より縦へのスイッチの強さやショートパスでのスピーディーな人&ボールの連動・連続したプレーでゴールを奪いました。様々な形や多くの選手がゴールを奪えたのは、チームとしての狙いの形の共有が良い形で行え、また個人でのチャレンジが多く観れたと思います。

 

本日の試合は、攻守においてのより攻撃的なサッカーチームをチームとして、選手個人としてピッチで表現した試合となりました。プレーのインテンシティの部分で、一段と各選手がギアを上げチャレンジし続けるプレーがより多くあったと感じます。しかし、大切にしている部分でもある細かな部分のテクニック、ほんの少しのズレの部分でアラートさに欠き、またクオリティーが低くまだまだ自分たちの力のなさも同時に感じました。

 

チームとして最多得点で勝利を飾れたことは選手一人ひとりを心から誇りに思います。

次節はリーグ戦最終節で、3年生にとっては我々にクラブでの最後の公式戦となります。本当に彼らがこのチームで必死にもがきアグレッシブに歩んできた日々の全てをピッチで表現できるように明日から準備していきたいと思います。

 

本日は試合・試合運営をしていただきました高知大学附属中学校の選手・スタッフの皆様、誠にありがとうございました。

 

そして、いつもご協力ご声援をしていただきました保護者・関係者の皆様、本日も私たちの力となっていただきありがとうございました。

 

今後とも、選手・スタッフともに全力でチャレンジしていきますので、高知ユナイテッドSCジュニアユースをよろしくお願いいたします。

 

高知ユナイテッドSCジュニアユース監督

立田 将大