高知ユナイテッドSC  高知から本気でJリーグ!

« Next NoImage 2021年4月…

Previous » NoImage 2020年11…

今年の一覧

2020年11月28日(土)四国クラブユース選手権大会CHAMPION SHIP ノックアウトステージ

Update:2020年11月29日

みなさん、こんばんは!

 

本日、四国クラブユース選手権大会CHAMPION SHIP ノックアウトステージ1回戦が行われました。

 

【対戦相手】vs FC Livent

 

【試合会場】スカイフィールド富郷

 

【kick off】   11:00

 

 

 

 

【試合結果】2-3(1-0/ 1-3)で敗戦となりました。

 

 

本日は、自分たちの力でグループステージを突破し掴み取った、最後の大会へ挑みました。

 

高円宮杯四国大会の悔しい敗戦から、本日までの25日間で何度も何度もトレーニング・紅白戦を繰り返し自分たちのチーム戦術やサッカースタイル、狙いのプランを全員で共有しチームとしての力を少しでも高くするために一人ひとりが全てを注ぎ取り組んできました。

 

1試合を通して、ジュニアユース最後となるこの大会で3年間の想い・Aチームとして闘ってきた全てを表現しようと、一人ひとりがアグレッシブに勝利を目指し、1試合でも長くこの最高のメンバーで闘えるようにチーム1つとなり挑みました。

 

 

立ち上がりから、負ければ最後の試合となるこの状況での緊張感からかプレーに硬さが見られ、自分たちの狙いの形を多く作り出せず、また相手の前線からのプレスに対してのビルドアップではピッチのサイズが通常よりも少し狭かったことも影響し、いつもの自分たちのテンポ・リズムでの攻撃の組み立ては思うように運べませんでした。

その中でも、ピッチ上で修正を行いながら一人ひとりの距離感やボールの動かし方を再度確認し、また自分たちの狙いの攻撃に対しての相手の対応・ズレを見ながらのアグレッシブな攻撃の組み立ても多くなり、狙いであるサイド攻撃から先制点を奪うことが出来ました。

 

得点後からは、相手のストロングポイントである前線の選手への早い段階でロングボールを放り込む攻撃を徹底され難しい状況もありましたが、GKのファインセーブをはじめとした後ろの選手の身体を張ったゴールを守るプレーが光りました。

 

後半では、相手の形を分析した中での自分たちが意識すべき攻守のポイントをチームで共有し、良い形を作り出す攻撃の組み立てや仕掛けも見られましたが、あと1つを噛み合わすことが出来ずにゴールを奪い切る形がなかなか作れない状況が続きました。

前半からやり続けてきた相手の攻撃に対して、チーム全体でアラートに対応を続けていましたが、何でもない自分たちの攻撃の組み立てからのミスにより警戒をしていたショートカウンターからの失点を許し、またDFラインの何でもない連携ミスから相手に崩されてもいない中での追加点を奪われてしまいました。

 

やはり、よりゴールを狙うダイレクトな攻撃を繰り返し狙われ、徐々に自分たちのメンタル面での難しさが守備においての細かな判断スピードの低下や焦りにつながってしまったと思います。攻撃においても焦りが見られ1本を丁寧にプレーしてつながればゴールに結びつく形が何度もありましたが、自分たちでプレーの精細を欠き難しい状況にしてしまいました。

また、後半終盤では同点に追いつくためのアグレッシブなゴールに向かう攻撃で優位に立っていた中での、何でもないコミュニケーション・プレーの判断の部分でのミスから相手に3点目を自分たちで献上する形となってしまいました。

 

なんとか、後半終了間際にゴールを奪うも、時間が足りず1点届かずに試合終了のホイッスルがなってしまいました。そのホイッスルと同時に、Aチームとしてのジュニアユースでの最後の試合となり、3年間の最後となってしまいました。

試合終了後、選手の涙・顔を上げられないほど泣き崩れる姿を見ると、本当に監督として結果を出せなかったことが不甲斐なく、選手の涙に自分自身も堪えられない感情が込み上げました。

 

本日の試合でも、選手は本当にピッチ上で逞しくアグレッシブに闘ってくれたと心から誇りに思います。

試合分析としましては、対戦相手が助かったと思うほどに、前半での2点目・3点目の追加点を奪う決定機を作り出すも決めれなかったことが結果的に見れば、敗戦の大きなポイントになってしまいました。

しかしながら、全ては試合展開であったり戦術においても、結果を出せなかったのは私自身の問題です。

 

 

今年に関しては、選手を受けもった当初から新型コロナウイルスにより、活動の休止を余儀なくされ、チームを作っていく中での組み立てや選手とのコミュニケーション・信頼関係の部分においても難しさが多くありました。約3ヶ月、例年と比べ共に過ごす時間が短く、もっともっと今年の3年生は成長・自立をして力をつけることが出来たのではないかと心より感じました。

 

難しい状況下だったからこそ、浮き沈みを繰り返し選手同士・チームとして衝突をし続けながら、互いにリスペクトをし本気で闘えた仲間となれたと思います。

また、新型コロナウイルスの日常だったからこそ、11月末まで本気の闘いとして最後の公式戦ができたことは、少しでも長く選手との歩む時間を与えてくれたことに感謝の気持ちしかありません。

 

監督として、3年生の選手一人ひとりには、本当に成長もさせていただきましたし、初タイトルを奪い、高円宮杯・クラブユースともにクラブとして初の決勝トーナメントで闘わせてもらいました。

そんな選手たちに監督として、何かを与えられたかというと、勝負どころの2つの決勝トーナメントでも、ゴールを奪う・追加点を決めるという全く同じ形のポイントで結果を出すこともできず、ただただ本気で厳しく・熱く指導することしかできなかったと思います。

 

だからこそ、これからの残り少ない監督として選手たちと歩める時間の中で全力で、支え・導いていけるように恩返しをしていきたいと思います。

 

最後になりましたが、

「当たり前の時間を大切に最も特別な時間にする」

「どんな状況においてもやり続けること」

 

選手一人ひとりが2つのことを常に意識をし、それぞれの与えられた環境・置かれた状況で苦しいこと・悔しいこと・辛いこと・苦しいことばかりだったと思いますが、アグレッシブに闘ってくれたと思います。本当に、新たな歴史を作ってくれた選手に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

ここからが本当の勝負どころ、本当の真価が問われる。

共に歩み、共にチャレンジしていこう。

新たな一歩へ

 

 

本日は試合運営・試合をしていただきましたFC Liventの選手・スタッフの皆様、誠にありがとうございました。

 

そして、いつもご協力ご声援をいただきました保護者・関係者の皆様、本日も私たちの力となっていただきありがとうございました。

保護者の皆様につきましては、3年間どんな時も彼らに温かい声援・サポートをしていただきまして誠にありがとうございました。本当に、保護者の皆様の圧にいつもプレッシャーを感じながらも、常に心強く共に戦っていただきましたことを心より感謝申し上げます。

 

今後とも、選手・スタッフともに全力でチャレンジしていきますので、高知ユナイテッドSCジュニアユースをよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

高知ユナイテッドSCジュニアユース監督

立田 将大

 

 

 

 

逆境でこそ、「自分の基本」に立ち返れ