高知ユナイテッドSC  高知から本気でJリーグ!

« Next NoImage 2019年6月…

Previous » NoImage 2019年5月…

今年の一覧

2019年6月16日(日) 第34回日本クラブユースサッカー選手権大会(U-15)四国大会 第2節 vs FCアスルクラロ高知

Update:2019年6月16日

みなさん、こんばんは!

 

本日、第34回日本クラブユースサッカー選手権大会(U-15)四国大会グループステージC第2節が行われました。

 

【対戦相手】vs FCアスルクラロ高知

 

【試合会場】RE;SPO歌多津

 

【kick off】12:30〜

 

 

 

【試合結果】1-1 (0-0/ 1-1)で引き分けとなりました。

 

 

1試合を通して、強風の中での試合となり前後半で狙いのポイントを共有し、チームとして新たにチャレンジしている部分とこれまで自分たちが取り組み大切にしている部分を融合させながら、チーム全体で勝負にこだわりアグレッシブにプレーすることを心がけ試合に挑みました。

 

ボールを保持しゴールを目指す中で、我々が一つ目のポイントとしていた「前半での先制点」を狙い、チーム全体でボールの動かし方やゴールへ向かうプレーを試みるもゴールを奪えずに前半を終えました。

ハーフタイムで自チームの狙い・修正ポイント、相手のポイントを全体で共有し、ハードワークの部分でギアをもう一度入れ後半に向かいました。

 

後半開始早々、風上に立ち狙い通りに良い形から先制点を奪い試合を優位に進めていきました。本日の試合での大きく鍵を握るポイントに挙げていた、「2点目以降の追加点」を狙い幾度となくゴールへ迫る形を後半は終始作り続けました。

先制点後に、何度も決定機を作り出すも追加点を奪えず、またしても試合終了時のラストプレーでゴールを奪われドローで試合を終えてしまいました。

 

前節も同様な展開で終了間際に失点をしていることから、チームとしての共有やプレーにての改善すべき形をチームで意識し本日の試合に挑むも、同様な結果となってしまいました。

 

本日の試合では、チームとしての組み立てや狙いのポイントを変化させ、また最近の数試合の失点の形の改善を行うも我々にとって良い結果を導き出すことができませんでした。本日に関しては、試合を大きく優位に進めるも2点目の追加点を奪い切るというポイントを達成できなかった部分が勝敗の分かれ目となりました。

 

チームとして良い準備をし、今大会のグループステージ突破のためにも、また自分たちのこれからの成長のためにも来週の試合に向けて反省や修正を行い、チーム全体で取り組んでいきたいと思います。

 

本日は試合をしてくださったFCアスルクラロ高知の選手・スタッフの皆様、また試合運営をしていただきました三観JYFC Estrella の選手・スタッフの皆様、誠にありがとうございました。

 

そして、いつもご協力ご声援をしていただきました保護者・関係者の皆様、本日も私たちの力となっていただきありがとうございました。

 

今後とも、選手・スタッフともに全力でチャレンジしていきますので、高知ユナイテッドSCジュニアユースをよろしくお願いいたします。

 

高知ユナイテッドSCジュニアユース監督

立田 将大