高知ユナイテッドSC  高知から本気でJリーグ!

« Next NoImage 2019年11…

Previous » NoImage 2019年11…

今年の一覧

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2019年11月4日(月)高円宮杯U15サッカーリーグ2019高知県1部リーグ第18節 vs Arancio Giocare

Update:2019年11月4日

みなさん、こんにちは!

 

本日、高円宮杯U-15サッカーリーグ2019高知県1部リーグ第18節が行われました。

 

【対戦相手】vs Arancio Giocare

 

【試合会場】明徳義塾サッカー道場

 

【kick off】   9:00〜

 

 

 

 

【試合結果】5-1 (3-0/ 2-1)で勝利いたしました。

 

 

1試合を通して、この最終戦に3年間の全ての想いを込めチーム全員でアグレッシブにプレーをし、Aチームとして自分たちで作ってきたサッカーを表現できるようひとつになりチャレンジしました。

 

試合の立ち上がりからゴールの意識を強く持ち、サイド・中央からの崩しで決定機を作りましたが、開始早々の2本の決定機ではゴールを奪うことができず、試合の入りとしては狙いの形にはなりませんでした。

試合開始からボールを握る中で、ボールを動かすテンポ・リズム、人の移動を繰り返し相手をゆさぶりズレを意図的に作り、狙いのポイントからゴールを奪い試合を運んでいきました。

個人・グループでのプレーにおいて細かな部分での精細さを欠き、幾度も作ったチャンスでゴールを決め切ることができませんでしたが、崩しと前線の守備から良い形を作り前半を3得点で折り返しました。

 

 

後半も開始早々に決定機を作り出すも前半同様にゴールを奪うことができず、何度も攻め続ける中から早い段階でカウンターから失点してしまいました。選手交代、ポジションチェンジで更なる変化を狙い挑みましたが、リズムを作り出せず再度修正を行いました。

スタートから、選手交代まで3年生でバトンをつなぎ一人ひとりがピッチ上で、アグレッシブにプレーし続けました。(最後にアクシデントにより、2年生の力も借りました)

 

交代やポジションチェンジでコンビネーションやバランスが難しくなった部分もありましたが、サイドでの起点から中央や逆サイドでの崩しの形・サイドのクロスから幾度も決定機を作り、何度もビックチャンスを決めれずに歯がゆい状況でしたがしっかりと後半も複数ゴールを奪い試合終了となりました。

 

 

本日の最終戦は、延期になってから約1ヶ月後の試合となり受験の為なかなかTRに参加できない選手がいたりとチームとして気持ちや戦術面での難しさがあった中でも、3年生全員の力で1試合闘い抜いた大切な試合になりました。一人ひとりが様々な想いを抱きながら、ピッチ上で闘う姿は監督として本当に誇らしかったです。

 

試合前日も、試合の70分の時間も、彼ら3年生と歩んできたこのAチームとしての8ヶ月の時間を振り返り・思い返しながら、共に闘わせてもらいました。

彼らは、高知ユナイテッドSCジュニアユースのAチームとして、悔しく・苦しく・辛いことも多くあり良い結果を導き出すことも出来ませんでしたが、本当に個人の成長を強く感じ、チームとしても素晴らしい成長と組織的なサッカーを見せてくれました。

 

彼らかは多くの学びと成長を私自身が与えてもらいました。彼らと過ごす時間は少ないですが、支え・導きを与え選手のために共に歩んでいきたいと思います。

 

 

本日は試合をしていただきましたArancio Giocareの選手・スタッフの皆様、また試合運営をしていただきました明徳義塾中学校の選手・スタッフの皆様、誠にありがとうございました。

 

そして、いつもご協力ご声援をしていただきました保護者・関係者の皆様、本日も私たちの力となっていただきありがとうございました。

3年生の保護者の皆様につきましては、3年間どんな時も彼らに温かい声援・サポートをしていただきました誠にありがとうございました。

 

今後とも、選手・スタッフともに全力でチャレンジしていきますので、高知ユナイテッドSCジュニアユースをよろしくお願いいたします。

 

高知ユナイテッドSCジュニアユース監督

立田 将大