高知ユナイテッドSC  高知から本気でJリーグ!

« Next NoImage 2021年6月…

Previous » NoImage 2021年6月…

今年の一覧

2021年6月19日(土)第36回日本クラブユース選手権(U-15)大会 高知県予選 第2節 vs FC コラソン

Update:2021年6月19日

みなさん、こんばんは!

 

本日、第36回日本クラブユース選手権(U-15)大会 高知県予選 第2節が行われました。

 

【対戦相手】vs FC コラソン

 

【試合会場】野市ふれあい広場(野球場)

 

【kick off】   11:00

 

 

 

 

 

 

 

【試合結果】1-1(1-0/ 0-1)で引き分けとなりました。

 

 

 

 

1試合を通して、前節からの反省を2週間のトレーニングで改善・修正するためにチームで共有し取り組んで来たこと、また本日の試合での狙いを意識して自分たちの力で勝利を掴みグループステージ突破すべくチーム全体でアグレッシブに闘いました。

 

立ち上がりから試合開始直前まで降り続いた雨によるスリッピーなピッチ状況の難しさの中、常に攻撃の優先順位を意識し、狙いであるボールを保持しながらの攻撃をチームとして表現し、開始早々に先制点を奪えたことは試合への入り方も含めて素晴らしかったと思います。

しかし、得点を奪った後に更にアグレッシブな攻撃で相手を仕留めにいくパワーが弱く、決定機を作るも物にすることができず、前半のうちでの追加点を奪えなかっとことはこの試合の結果を大きく左右させたポイントになりました。

 

攻撃においての、人・ボールのモビリティの意識が弱く、数的優位を作りながら厚みのある攻撃を仕掛けられなかったことがゴールを奪いきれなかったひとつの要因となりました。

また、ひとつのプレーからの対応ミスから失点してしまったことは、チーム全体で修正していかなければならない大きなポイントとなりました。

 

 

その中でも、攻撃での細かな部分での組み立てや仕掛けでの大きな反省はありますが、一番はスリッピーなピッチ状況での一番技術が出る『パスの質』『コントロールの質』において、チーム全体での圧倒的な技術不足が浮き彫りになりました。

自分たちの当たり前の部分での意識の低さや甘さ、当たり前の部分の弱さを改めて痛感した自分たちの現状と今一度本気で向き合い、我々が目指すべきサッカーのスタイル(Aggressive Football)を突き詰めていきたいと思います。

 

 

本日は試合運営・審判をしていただきました各チームの選手・スタッフの皆様、また試合をしていただきましたFC コラソンの選手・スタッフの皆様、誠にありがとうございました。

 

そして、いつもご協力ご声援をいただきました保護者・関係者の皆様、本日も私たちの力となり共に闘っていただき誠にありがとうございました。

 

今後とも、選手・スタッフともに全力でチャレンジしていきますので、高知ユナイテッドSCジュニアユースをよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

高知ユナイテッドSCジュニアユース監督

立田 将大